地味で孤独な私の日々

色々失くして捨てて、独り新しい場所で人生やり直しのアラフォー女です。でも何とか生きております。よろしくお願い致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PageTop

母からの電話・2

こんにちは。

昨日の続きを書きたいと思います。

28歳の時に実家に戻った私は、父とのことが心配でしたが
私がすぐに仕事に就いたからか、特に問題なく暮らしていました。

しかし半年後に祖父が亡くなってから、父の言動がおかしくなり始めました。
まず、私や母だけでなく、祖母にまで暴言を吐き始めました。

そして「デイトレードで食べていく」と言って会社を辞めました。
しかしすぐに行き詰まり、母がこつこつ貯めた貯金を全て使い果たしました。
私にも生活費をもっと入れろと、給料以上の金額を要求されたので
定期預金を解約して渡しました。

そんな生活の中で、ある時に父が亡くなった祖父のことを悪く言いました。
普段なら黙っているのですが、その時はどうしても我慢出来ず反論しました。
すると激しい暴行が始まりました。
途中から記憶がないのですが、最終的に私が蹴飛ばされたはずみで
柱に頭をぶつけて気絶したようです。

丁度母が帰って来て、すぐに消防に連絡し、母に付き添われて救急車で運ばれました。
幸い、検査結果に大きな異常はなかったので、その日のうちに帰れました。
(詳しく書けないのですが、病院では警察に行った方がいいと説得されました)

家に戻り、殴られてすっかり変わった自分の顔を鏡で見てため息が出ました。
「会社で顔のことを聞かれたら何て答えよう…」と気が重くなりました。
地味に大変だったのは、前歯も折れたのでそれも含めた治療費や通院する時間の工面でした。

数日後に自分の暴行を正当化するためか、逃げるためなのか分かりませんが
父が一方的に「親子の縁を切る」と言ってきました。
私は「分かりました」とだけ答えました。

そして母と話し合い、もう限界ということ、こちらも父親とは思っていないこと
父の老後のことは一切面倒を見ないことを承諾してもらいました。
その後アパートを見付けて家を出ました。

父は相変わらずで、この10年間、家には一銭も入れていないそうです。
母は前から離婚を考えていて、何度も別居したいと言っているようですが
逆上して母や祖母が私のように暴行されては大変なので難しいところです。

そして母からの電話にようやく戻るのですが、父方の祖母が健在なので
年に一度、このお盆の時期だけ父が田舎に帰るのです。
それは唯一私が安心して実家に帰れる時期でもあります。

今年も連絡をもらったので、実家に帰ろうと思っています。


■ダイエット13日日(8/4)■

体重-2.3kg(前日比-0.3kg、目標まであと2.7kg)

朝食・昼食(同じメニュー)
ごはん、のり、納豆
2014080501.jpg

夕食
いなり寿司、枝豆、小松菜のおひたし
2014080502.jpg

ウォーキング2時間20分
カーヴィーダンス60分
スクワット100回
腕立て伏せ30回
腹筋50回

前回、今回と重い話をしてしまいすみませんでした。

それではまた。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。